読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ALL iz thiik hai! 一社会言語学者のブログ

社会言語学&バイリンガリズム&南アジア系移民 研究を中心とした自分の思索の記録 ALL iz thiik hai とは、訳すと「ALL is オーケーだ」。かなり色々なものをかけたマニアックで深ーい表現。

書籍紹介

小山亘『コミュニケーション論のまなざし』(2012年、三元社)

コミュニケーション論のまなざし (シリーズ「知のまなざし」) 作者: 小山亘 出版社/メーカー: 三元社 発売日: 2012/04 メディア: 単行本 クリック: 5回 この商品を含むブログを見る 出版社が提供している目次(ここ → コミュニケーション論のまなざし )が詳…

ジム・カミンズ&中島和子『言語マイノリティを支える教育』(2011年、慶應義塾大学出版会)

バイリンガリズム、言語教育、相互依存仮説。 聞いたことあるけど、一体どこの何を読めば詳しくわかるのか。 カミンズの古い論文を読んでいけばいいのか?でもカミンズは寡作だ。 私を含め、そんな困っている人のために、中島和子氏がエネルギーを注ぎ込んで…

書籍案内:日本語で読める「社会言語学」の教科書~PART 1

社会言語学的トピックを扱っている日本語の書籍は意外とある。 ここでは、 大学の教養科目・専門科目「社会言語学」の 概説の教科書を、古いもの順に、簡単に紹介する。 今回は、パート1として、2001年までの教科書を紹介する。

書籍『香港を知るための60章』吉川雅之・倉田徹編著

吉川雅之・倉田徹編著『香港を知るための60章』 (明石書店、2016年3月発行、2000円+税) Amazon CAPTCHA これはすごい本!エリアスタディーズシリーズの中の傑作! 政治経済からサブカル、香港のイスラームやトレッキングまで網羅。

書籍『在日パキスタン人児童の多言語使用ーコードスイッチングとスタイルシフトの研究』山下里香・著(2016年2月、ひつじ書房)

『在日パキスタン人児童の多言語使用ーコードスイッチングとスタイルシフトの研究』2016年2月刊行 ひつじ書房 内容は、関東首都圏のとあるモスク内での子供たちの、会話内での日本語・ウルドゥー語・英語など、言語や言語スタイルの切り替えのパターン…